Jp Volunteer & Community Services
 

1118-20800 Westminster HWY,

Richmond BC Canada V6V 2W3

TEL:

        

          

E-mail:

     

カナダ  (+1)604-970-7943

日 本    090-8292-8115

    

カナダ jp-services@shaw.ca

日 本 jp-services@pony.ocn.ne.jp

(c)2015 JP Volunteer & Community Services

ホームステイの魅力!

ホームステイはその国の習慣、考え方、文化に触れる絶好のチャンスです。

ホテルの滞在では得られない体験、カナダ人の日常生活を垣間見ることができます。

長期滞在に限らず、短期間の滞在でもカナダの人々の生活が肌にしみて感じとられる事でしょう。

私達は自信を持ってホストファミリーをご紹介します。

ホストファミリーは、参加者の意向に沿って希望を取り入れながら慎重に選びます。

現地のスタッフは、緊急時ホストファミリー先に直ぐに駆けつけることができます。

安心してカナダの滞在を満喫できます。

体験記1:

私のホストマザーはメキシコ人そしてお父さんはイタリア人でとってもユニークなファミリーでした。とても自由な家で、初日から「冷蔵庫の中を自由に開けてもいいよ」と言われてびっくり!自分でさっそくランチを作って食べちゃいました。夕食後散歩に行くのが大好きな家族で、私も一緒に何度かお散歩についていきました。とっても楽しかったです。ファミリーは、またいつでもカナダに遊びにおいでと言ってくれました。また、遊びに行きたいです。

体験記2:

以前ニュージーランドでホームステイをした事があり、今回はカナダで初めてのホームステイです。お母さんは中国系カナダ人、お父さんはカナダ人の家にステイしました。可愛い女の子が二人いて家の中はいつもにぎやかでした。とても面白いお母さんで、朝は子供達の学校の準備で大忙し。でも、食事はいつもきちんと作ってくれました。ごはんはとても美味しかったです。

体験記3:

僕がステイした家には、中国からの学生もホームステイしていました。ホストマザーは家でよその子供をベビーシッターしていたので、家の中はいつも子供達の声で賑やか、僕も子供達と一緒に遊んだりして楽しかったです。子供がいる家はうるさくてイヤと最初はちょっと思ったけど、実際には子供のいる家にして良かったです。

体験記4:

私がステイした家はとても大きくてびっくり、そしてベッドルームもとても広くて綺麗でまたまたビックリ。日本ではこんな大きい家には住めないと思います。

8月はちょうどリッチモンドでナイトマーケットをやっていたので、ファミリーがマーケットに連れて行ってくれました。

週末はノースバンクーバーに行きたかったので、ファミリーが途中まで車で送ってくれました。今もファミリーとは交流が続いています。

 

体験記5:

僕のホストファミリーはシングルマザーが一人で住んでいました。お母さんはフルタイムの仕事をしているので、朝は殆ど話す時間がありませんでしたが、夕方は仕事の後観光に連れて行ってくれたり、夜は外食に連れて行ってくれたりもしました。冷蔵庫にはいつもたくさん食べ物が入っていて、自由に食べてもいいよと言われました。束縛がなく自由に過ごせたのでよかったです。

体験記6:

私は英語にあまり自信がなかったので、日本人とカナダ人のファミリーをリクエストしました。お母さんは日本人で、おとうさんはカナダ人、家には小学生と中学生の子供がいました。とっても優しいファミリーで、ホストマザーがデイケアまでの行き方を丁寧に地図を書いて教えてくれました。週末は皆で出かけてとても楽しかったです。英語でわからない時は、お母さんに日本語で聞くことができたので、安心して過ごすことができました。

体験記7:

シンガポールから移民してきた家族が私のホストファミリーでした。シンガポールの食事はアジア料理なので、日本食と共通するところもあり、ご飯は毎日美味しかったです。カナダのランチはいつもサンドイッチと聞きましたが、私のお母さんはいつもご飯とおかずを作ってくれました。まるで日本にいるみたいでした。ホームステイでは食事が合わないという話をよく聞きますが、私は本当にラッキーでした。

体験記8:

お父さんもお母さんもカナダ人で、家の中も完璧に英語環境。最初は少々不安でしたが、二人ともゆっり話してくれたので、徐々に言っていることが少しずつわかってきました。家にはかわいい犬もいて、私は犬が大好きなので毎日食事の後はお母さんと一緒に犬の散歩に行きました。日本では考えられないようなのどかな雰囲気の中で毎日過ごす事ができました。また来年もカナダに来たいと思っています。

体験記9:

子供が大好きで保育士のプログラムに参加しましたが、私のホストマザーは家でファミリーデイケアをやっている人でした。毎朝8時には園児や乳児がこのデイケアにやってきます。私は二階にステイしていましたが、朝は一階からいつも子供達の元気な声が聞こえてきました。ホストマザーは毎日食事のメニューを紙に書いてくれて、好き嫌いはないかと聞いてくれました。私はお肉系が大好きで、お母さんは肉料理をたくさん出してくれたので嬉しかったです。私専用のトイレとシャワールームがあったので快適に過ごせました。

体験記10

私のホストファミリーはリタイヤした老夫婦でした。お父さんはお料理がとても上手でいつも美味しいご飯を作ってくれました。使いたい時には自由に使っていいよと専用のコンピュータも貸してくれました。テレビも好きな時にファミリールームで見ることができたので、まるで自分の家にいるようにゆったりとくつろいでしまいました。家の周りの環境もよく、治安もとても良かったと思います。

体験記11

私のホストファミリーの家は1階がファミリーデイケアになっていたので、セキュリティーが厳しく、家の中にはアラームがついていました。

家の中に人がいてもアラームをつけておかなければならないのです。コードは三種類あるのですが、日本の家にはアラームなんてついていないから、何度設定の仕方を説明されてもよくわかりません。英語で早口で説明されるので、余計混乱してしまい、何度かアラームを鳴らしてしまいました。すっごく緊張してしまい、最初のうちは家に帰ってアラームのボタンを押すのが恐怖でした。でも、これもカナダの文化(?)と気を取り直し、毎日アラームの設定に悪戦苦闘。しかし、2週目に入るとすっかり慣れてきて、まったく問題なくアラームを解除できました。日本ではなかなかない経験でした。