Jp Volunteer & Community Services
 

1118-20800 Westminster HWY,

Richmond BC Canada V6V 2W3

TEL:

        

          

E-mail:

     

カナダ  (+1)604-970-7943

日 本    090-8292-8115

    

カナダ jp-services@shaw.ca

日 本 jp-services@pony.ocn.ne.jp

(c)2015 JP Volunteer & Community Services

語学学校やボランティアプログラムを体験された参加者からのお便り

語学留学 &ボランティア:2週間(語学学校:1週間、ボランティア:1週間)

私は、春休みを利用して2週間のホームステイ&ボランティアの活動をしてきました。

1週間の語学学校のあと、小学校の中にある保育園でのボランティアをしました。

カナダに着くまでの飛行機の中では、入国審査等の不安や、言葉が通じるかの不安がたくさん有りましたが、現地コーディネーターのマユミさんが、事前に用意してくれた手紙や書類などのおかげでスムーズに審査を通ることが出来ました。

また、語学学校では、全然喋れずどう答えてよいかわからない私に、温かく接してくれた優しさにとても感動しました。

ホームステイ先から語学学校へは、スカイトレインとバスを乗り継いでの移動で、初めは不安と緊張で周りの景色を楽しむ余裕もなかったのですが、少しずつ慣れることができ、最後らへんは周りの景色を楽しむ余裕もでてきました。ボランティアでは、小さい子ども達とたとえ言葉が通じなくても、笑顔で接することを意識すると、自然と子ども達がよってきてくれて、楽しい日々を過ごすことができました。

そして、2週間、本当にお世話になったホームステイのご家族には、ウィスラーに連れていってもらったり、美味しいご飯を作ってくれたり、一緒にゲームをしたりと、毎日が本当に楽しい日々でした。全然英語が通じない私に、ジェスチャーや簡単な単語で説明してくれたりと、沢山の『ありがとう』でいっぱいです。

この経験を通して私は、英語を書くことはあまりできないけれど、リスニングでは、少し早くても単語が聞き取れるようになりました。これからは、この経験をいかして、もっともっと英語を勉強して、いつかまたカナダへ行った時に、お世話になった人々に英語で感謝の言葉をスラスラ伝えられる人になりたいです。このプチ留学を紹介してくれた史子さん、事前の準備から最後の飛行機のお見送りまでお世話してくれたマユミさん、本当にありがとうございました!

 

2016月4月

Show More

語学留学:3週間(語学学校:2週間、ボランティア)

拝啓、JPボランティアの皆さんお元気ですか?

その節は大変お世話になりました。日本に帰ってきて一ヶ月が経ちます。

思い出せばカナダに行った当初は知らない外国での暮らしにとても不安を覚えましたが、いつも現地のスタッフがそばにいてくださると思うと、心の支えとなって毎日リラックスして生活することができました。

カナダでの体験は私にとって宝物になりました。JPのスタッフの皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。私はカナダに行く前、正直言ってそこまで手厚い、サービスをして頂けるとは思っていませんでした。ですが、現地スタッフのまゆみさんは、休みの日になると私の予定に合わせて色々な場所に連れて行ってくださいました。スティーブストンや日系センターなど私一人では行けない所にも行けてとても楽しかったです。

語学学校も私にあった少人数の学校を選んで頂き、すぐに雰囲気にも馴染めました。友達もたくさんできて、放課後には一緒にイングリッシュベイに行って遊んだりしました。皆とても面白い友達ばかりで毎日が楽しかったです。日曜日には語学学校のツアーに参加したり、ウィスラーとアメリカのシアトルに行きました。ここでも、たくさんの友達ができて嬉しかったです。

まゆみさんのご紹介でキャセリン先生のお料理教室にも行きました。日本の文化がとても好きな方で私が日本の高校で習っている茶道を披露したら喜んでいただけて良かったです。

二、三週目にはデイケアにボランティアに行きました。初日は日本の教育との違いに驚き緊張しましたが、先生方が丁寧に一つ一つ教えてくださり、子供達とも仲良くなれて楽しくサポートする事ができました。

ホストファミリーは、とてもフレンドリーな家族で、一日目はやはり緊張しましたが、三人ともたくさん話しかけてきてくれてすぐに慣れました。ホストファミリーの息子、エイドリアンとはレゴやアングリーバードをして遊びました。彼はとってもキュートで、家に帰ると直ぐに遊ぼうと言って来てくれて嬉しかったです。お母さんのマガリーと、お父さん、マニュエルのご飯がとってもおいしかったです。初めてホームステイを体験させていただきましたが、違う文化の中で一緒に生活するのは不自由なこともありますが、それ以上に毎日学ぶ事がたくさんあって自分の成長につながりました。

帰国の日は「あぁ、これでほんとうに終ってしまうんだなぁ。」と思い、とても悲しくなりました。カナダから帰ってきた今、今まではぼんやりとしていた進路が自分の中で少しずつですが、はっきりとしてきています。このカナダでの経験を活かし、これからも積極的に物事に取り込んでいこうと思います。最後になりますが、まゆみさんをはじめJP Volunteer & Community Servicesの皆さん、何から何までとても手厚いサポートをして頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。大変お世話になりました。またお会いできるのを楽しみにしています。本当にありがとうございました。

                                                                                             敬具

 平成28年4月26日

語学留学:2週間(語学学校:2週間、現地日本語学校、高校見学、現地の小学校で体験授業)

今回語学留学プログラムに参加してくださったTさんは、主婦の方で日本では学校の先生をなさっています。今回は長年の夢であった語学留学を果たし貴重な体験をされました。特に、公立の小学校のESLクラスでは、生徒さんに日本文化を英語で紹介されました。さすが先生ですね。カナダの教室でも生徒さん一人ひとりの顔を見ながら、しっかりとお話をしたり歌を歌ってくださいました。見ている私も感動しました。下記はTさんから頂いたメッセージです。

 

カナダの小学生がどのような授業を受け学校生活を送っているか見たい!私の長年の希望でした。一般的な旅行や自分だけの人脈では日本と同様カナダにおいても難しい事とは思っていました。

しかし、JPボランティアのコーディネーターがそれを可能にして下さいました。公立の小学校のクラスに入らせてもらい、授業の様子を見学(その日は、特別講師が招かれ蜂の生態の興味深い授業でした。)そのあと、一年生のESL(English as a second language)で日本についてのプレゼンテーションをさせてもらいました。日本から持ってきた、浴衣を来て登場すると子どもたちの目がキラキラし、色んな質問をしてくれました。浴衣や着物の事、日本の小学生が好きなアニメのキャラクターの事、あと、小さな鯉のぼりを見せ5月の子どもの日のことなどお話ししました。

最後に担任の先生にも浴衣を着てもらうと、子どもたちは大喜びしていました。このような貴重な体験は、これからの私にとって大きな糧になります。これもひとえにJPボランティアのスタッフのみなさん、日本側スタッフとカナダ側スタッフのささえがあったからです。素晴らしい体験と出会いをありがとうございました。カナダで送ったかけがえのない経験を励みにさらにママ力を掲げて頑張ります。ありがとうございました。

私は高校を卒業した年に、バンクーバーへ6ヶ月間留学しました。

留学しようと思った理由はたくさんありますが、行けるうちに行っておかないと後悔するだろうと思い、思い切って決断しました。18歳一人きりで初の海外ということで不安もありましたが、JP Volunteer & Community Servicesさんが最初から最後まで責任を持ってサポートしてくださり、何の問題もなく充実した留学生活を送ることができました。

5ヶ月間通った語学学校も本当に楽しくて良い学校だったと思います。最初の頃の不安なんて吹き飛ぶくらい友達もたくさん作ることができましたし、英語も初めの頃に比べればだいぶ伸びたと思います。

様々な国の友達と接し様々な文化に触れ、本当に貴重な時間を過ごすことができました。

私の場合は日本にいるうちにホームページなどを見て決めましたが、バンクーバーには本当にたくさん良い学校があるので正直とても苦労しました。今は実際に通ったことのある人の口コミなどもインターネット上で見ることができますが、やはり人によって合う合わないがありますし、実際に来てみないと分からないというのが正直なところです。

時間が許す方はカナダに来てから実際にトライアルレッスンを受けてみて決めるというのも賢い選択かと思います。

また長期間通おうと思っている方は、とりあえずまずは数ヶ月だけ申し込みしてみることをお勧めします。学校によって雰囲気が合う合わないがあるからです。気に入れば延長も割と簡単にできます。長期間通おうと思っている人はぜひ申し込む前に一度よく考えてほしいと思います。

語学留学&ボランティアプログラム:6ヶ月(語学学校:5ヶ月,デイケアボランティア他:1ヶ月)

語学留学中にボランティアも体験しました。

リッチモンド市が主催するカルチャーデーの会場セットアップボランティア、一ヶ月間デイケアでのボランティアも本当に良い経験になりました。

英語で子供達ときちんとコミュニュケーションがとれるか最初は不安でしたが、実際に初めてみると、みんなすぐになついてくれて本当に楽しかったです。

様々な国の子供達がいて幼いにもかかわらず英語と母国語を使い分けている子達には本当に感心させられました。

私は特に幼稚園の先生になる予定などはありませんでしたが、二度とない経験ができて、先生方にもとても感謝していただき、本当にボランティアして良かったと思います。

ランゲージスチューデントも本当に良い経験になりました。お互いの都合などもあってなかなか頻繁に会うことはできませんでしたが、現地の高校に通っている子と英語や日本語を使って話すのは本当に刺激になりました。

留学するという決断は決して簡単ではありませんでしたし、決断した後も実際にカナダに来てからもたくさん悩んだり迷ったりしましたが、今は思い切って決断して良かったと心から思います。

留学する理由や目的は人それぞれですが、少しでも留学したいと思う気持ちがある方にはぜひ挑戦してほしいです。

最初から最後までエージェントとしてだけではなく、まるで家族のように親身にサポートしてくださったJP Volunteer & Community Servicesさんには心から感謝しています。常に気にかけて連絡をくださり、困ったことがあればすぐに対処してくださり、当初の予定を変更した際にも私の意思を優先して即座に対応してくださり、本当にありがとうございました。

ホストファミリーもJPさんが信頼できるファミリーを紹介してくださっただけあって本当に良い方々でした。ホームステイで不満や問題を抱えている友達がたくさんいるなか、私はとても恵まれていたと思います。ご飯もとても美味しく、部屋やバスルームなども綺麗でとても快適に過ごすことができました。様々な場所に連れていってくださったり、たくさん話しかけてくださったり、まるで本当の家族のように接してくださったホストファミリーには本当に感謝してもしきれません。

語学留学&ボランティアプログラム:2週間(語学学校:1週間,デイケアボランティア他:1週間)

私は母の友人からカナダへのホームステイを勧められました。私は英語を学ぶことは好きでしたが、現地へ行って話せるかどうか少し不安がありました。しかし、大学進学が決まっており、時期的に余裕もあったのでカナダ行きを決意しました。

地元の空港から一人でカナダまで行くことになりました。その時の気持ちは、国際空港まで税関を通って飛行機へ乗る事が大人になった様で、緊張しながらも楽しかったです。

カナダへ到着後は留学コーディネーターの方が私をサポートしてくれました。電車の乗り方、ドルの使い方、カナダでの生活の仕方などを説明して下さりホームステイ先まで車で送ってくれました。翌日は語学学校へも同行してくれました。初めての海外旅行全て一人で行動することに不安はありましたが、現地のスタッフがしっかりとサポートしてくれました。

ホームステイ先の父はイタリア人、母はメキシコ人で5才の息子がいました。カナダは、日本と遠い移民の方々と一緒に暮らせる事もできると知りました。私が滞在した家で一番驚いたのは食の文化だったと思います。父が作るイタリアのピザは地元料理感があり、母が作るタコライスはスパイスが非常に効いていて美味しかったです。しかし、難しかった部分もありました。外国の米を初めて食べて感じました。日本と味が全く違い、日本の米が一番美味しい事を感じました。

私は英会話が少しでも上達できるよう語学学校へ通いました。英語を第二言語で実際に活用できるようにするためです。語学学校にはブラジル人、メキシコ人、韓国人などの外国人がいました。日本人も二、三名ほどいました。学校では日本語を全く話さない空間だったので、最初はクラスで話す英語に全くついていけませんでした。日本で習った単語はいくつかありましたが、日本で習った単語を読むのと、実際に相手に英語を伝えようとするのでは全く違ってきます。会話するのに一番大事になるのが、「聞くこと」「話す事」だと思いました。授業が終わったら、同じ学校の日本人にアドバイスを貰ったりしました。また、授業が終わると相手に伝えたかった事を英語に置き換えるなど工夫もしました。

私は初めて外国人の友達ができました。韓国の人でお互い野球が好きと趣味が共通していたので一緒に遊びに行きました。その人と英語を話していると、人種が似ているので日本人と会話しているように思えました。

しかし、私は二週間したら帰らなければなりませんでした。ホストファミリーや語学学校の人と離れるのは少し寂しく感じました。私は日本へ戻ったら、英語の勉強をたくさんしようと思いました。日本で文法や単語をたくさん学んでおいた方が外国へ行ったら、会話も上達しやすくなるからです。私は、大学のうちに一、二年間の留学を考えるようになりました。現在はグローバル社会になっているので、第二言語を使う事は必ず必要になってくると思います。私は海外でホームステイをし、生きた英語を体感した事が非常に良い経験になりました。私は英語を学びたいという意欲が強くなりました。また、近いうちにカナダへいきたいです。今度は一年くらい滞在し、しっかりと英会話の勉強もして充実した留学生生活を送り日本に戻ってきたいと思います。今回の滞在はとても楽しかったです。コーディネーターの方や、ホストファミリー、そしてカナダで出会った人達から頂いた素晴らしい思い出に感謝したいです。